あなたの後ろ姿、大丈夫?

TSUKINAです!

突然ですが、質問です。

この写真をみて何を感じますか?

0歳10ヶ月の娘がテレビを見ているところです。

本人は何気なく座っているだけなのに・・・

良い姿勢だと思いませんか?!

 

数ヶ月前までただ寝転んでいるだけでした。(当たり前ですが・・)

特に教えたわけでもないのに、今ではこんなにしっかり座っています。

 

お母さんのお腹の中で背中を丸めていた赤ちゃんの背骨は、Cの形にカーブしています。そこから寝返りやずり這い、ハイハイなどをすることによって、腹筋や背筋、神経が鍛えられ、徐々に背骨をS字カーブの状態でキープできるようになります。

私たちの身体の中心にある背骨は、重たい頭を支えています。背骨をS字にカーブさせることによって、身体にかかる負荷を最小限にして安定させるのが正しい姿勢です。

 

・・・いやいやそんなことすでに知ってるわ!

という方が多いですよね。

 

ではでは、こんな経験はありませんか?

・矯正下着を買ったがホコリをかぶっている。

・姿勢をまっすぐにしようとしても、きつくなってすぐ崩してしまう。

・正しい姿勢=きついと思っている。

・年々姿勢が悪くなっている気がする。

 

ドキッとした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

わかります。私もそうでした!!

意識して姿勢をまっすぐキープしようとしても、数分後には猫背に・・

頑張って姿勢を正すと背中や肩がバキバキに・・

常に正しい姿勢を意識なんて無理・・

そう思っていました。

 

でも本当は正しい姿勢=身体に負担のない姿勢”なんです。

ヨガのレッスンでは無理やり姿勢を正すことはありません。

今回は背骨にフォーカスして書きましたが、その他にも骨盤の傾き、肩の位置、力の入れ方、呼吸の仕方、視線など細かく自分の身体と向き合いながら”自分自身で”調節していきます。

インストラクターはお客様自身が気づき、調節できるよう誘導を行なっていきます。

うまく調節できないなと思っても、ヨガのポーズをとることで筋肉を鍛え、使い方を知ることで調節しやすくなります。

自分の身体に気づくと日常の中でも調節ができるようになってきます。

これが矯正下着や整骨院とは違う、ヨガのいいところです!

 

まずは今の自分の姿勢、写真に撮ってみてはいかがでしょうか?^^

 

ナマステ〜★

PAGE TOP
ツールバーへスキップ