ヨガって宗教ですか?(よくある誤解その2)

前回の「体が硬いのでヨガはできません」に続き、
よくある誤解シリーズです。

今回は「ヨガは宗教ですか?」です。

これもよくある質問です。

この質問の裏には、あのオウム真理教や新興宗教でヨガをやっているところがあったりすることから
「このスタジオは大丈夫?」
という意味も込められているのだと思います。

そういう意味ではこのスタジオは大丈夫。
そういうことはやってません。

しかし、
「ヨガは宗教か?YES? or No? 」
と真面目に聞かれると難しい質問です。

というのもヨガというのは、
いくつもの流派というか団体、組織により
考え方、思想、重視することなどがかなり違っているからです。

大分市内の場合、宗教としてのヨガを意識しているスタジオは少ないです。

ひょっとしたら何箇所かあるかもしれませんが、ホットヨガはもちろん、普通のヨガスタジオでも宗教色はしないはず。

とはいえ、”ヨガ”は深いところでは宗教とつながっています。

そもそも・・・
何を持って宗教か、宗教と思想、哲学の違いは何?
みたいな話になってしまうのですが。

ヨガのクラスで、神様や仏様に向かって
「死後の世界で良い暮らしができますように・・」
とお祈りをすることはないと思います。

宗教っぽく感じるのはマントラかもしれません。
当スタジオではやりませんが、マントラ唱えるクラスも少なくありません。

マントラというのはサンスクリッド(むかーしのインドの言葉)でのお経みたいなものです。
日本で有名なのが「ノーマクサンマンダー (後は言えない)・・・」のお経。
これもマントラ。

インドの昔の偉人やヨガを作ったと言われているパタンジャリさんに対する祈りのマントラなどもありますね。

そういう意味で、ヨガと宗教はつながっているとは言えます。

ただし、キリスト教やユダヤ教の人でもヨガでマントラを唱えますし、
特定の神様、特定の人に対してのものではないので、
その辺は一般的に認識される宗教とは違うとも言えます。

そういう哲学的、思想的なところも
ヨガの一つであることは間違いないです。

最初は軽いエクササイズやストレッチとしてのヨガから入る人がほとんどでしょうし、
実際その認識で良いと思います。

このスタジオには宗教的な救いを求めてヨガを始める人はほとんどいません。

もっとヨガをもっと知りたい、
ヨガの真髄を知りたい、
インストラクターになりたいという人が、
自分で勉強したり、
インドやチベットに行くのも良いのかな、と思います。

ということで、当スタジオのヨガは
いわゆる宗教のように、
一定の教えや行為を押し付けるものではありませんので、
どうぞご安心ください。

PAGE TOP