夏の冷え症

 

 

 

 

 

 

こんにちは☀柴田です😊
夏はやっぱり暑いですね‼夏バテではないですが、いつもより更新時間が遅れてしまいました。
昨日、私は別府に行ってきたのですが、昼間に外を歩くのは勇気が要ります。アスファルトの上を歩く際は要注意ですね!
足の裏が暑くなって、こんがりと良い色に焼けそうでした💦
さて、この時期に気をつけないといけないのが、熱中症ですね!
しっかりと水分を摂っていますか?
冷たいものを飲んだり、エアコンや扇風機で身体を冷やしたり、体温調節が難しい時期ですね!
そして、もう1つ気をつけたいのが、夏の冷え症です‼
あなたは夏に冷えを感じますか?
夏の冷え症の特徴は内臓の冷えです。
特に夏は一年の中でもたくさん冷たいものを摂りやすいので、血液の流れや水分の代謝が悪くなってしまうことが主な原因だそうです。
手足の先は温かいので、内臓の冷えは冷え症と気付きにくく身体の不調にも繋がる恐れがあるので、十分注意しましょう。
そこで、夏の冷え症の予防策は?
冷え症かも・・・という方は以下3点を意識をしてみると良いかもしれません。
1.適度な運動をする。
筋肉を増やすことで代謝をあげる。
ヨガなど、下半身をしっかり使う運動をして内側から熱を作ることで、体が冷えにくくなる。
特に女性は男性に比べて脂肪がつきやすく、下半身など骨盤回りが冷えやすかったりしますよね。

2.バランスの取れた食事。
夏は身体を冷やす食べ物に目が行きやすいですが、内臓から温める食事を意識してみる。
例えば、スイカやきゅうりやそうめんなど、お菓子ならアイス類など身体を冷やす食べ物ですが、そればかりではなく、リンゴやにんじん生姜やそばなどほんの一例ですが、バランス良く身体を温める食事も意識してみると良いそうです。
3.身体を温める。
会社や通勤の電車やバス、コンビニやスーパーなど、街中は割とキンキンに冷えていたりしますよね!
一日中エアコンに当たったり、室内と外の気温差が激しいと身体がストレスを感じ、自律神経のバランスが乱れてしまうこともあるため、冷房除けのスカーフや足首を冷やさないよう気をつけてみてください。
夏でも毎日シャワーではなく、ぬるめの湯船に浸かるのも良いそうですよ。
個人的には、朝起きてお白湯を飲むです。日常で運動をする時は冷たいものを飲みますが、内臓を温めることは冷えの解消にも良いそうですので、いつも冷たいものばかりだと心当たりがある方は意識してみてくださいね。他にも、気をつけていることなどあれば教えてくださいね♪

PAGE TOP
ツールバーへスキップ