身体に痛みがある時のレッスンはどうする?

TSUKINAです!

6月に入りましたね!皆さん体調はどうですか?
私は先日、首を寝違えてポーズをとる時にイタタタ・・・ということがありました。
毎日元気なのが一番ですが、時にはケガをしたり、身体が思うように動かないこともありますよね。

体調が悪いわけではないからレッスンに行きたいけど、ポーズ取れるかな・・・
という時皆さんならどうしますか?

まずインストラクターに相談しましょう!

出来るだけレッスン前にインストラクターに状態を伝えてください。

右肩を痛めている。
腱鞘炎で手首が痛い。
生理中できついポーズをとりたくない。
など・・

出来るだけ皆さんに不安なくレッスンを受けていただけるようアドバイスします!!
インストラクターに言いにくければ受付スタッフでも大丈夫ですよ♬
インストラクターからポーズの軽減方法をお伝えすることもできますし、レッスン中も特に注意して指導することができます。

例えば首に違和感がある時には・・
三角のポーズの時、視線を天井ではなく床に向けます。

 

 

 

 

 

 

また、首に負荷をかける魚のポーズや、鋤のポーズはお休みします。

レッスンではどのポーズも完璧に頑張りたい!という気持ちを手放して、ポーズを自分に合わせて調整することも大切です。
自分の身体や気持ちに正直にヨガしてみましょう。
きっと得るものも変わってきますよ♬

ナマステ〜★

PAGE TOP
ツールバーへスキップ