ヨガのパーソナル指導ってどうなん?

7つの顔を持つ男、クラソノです。

ヨガスタジオ責任者として、経営者として、トレーニーとして、空手家として、夫として、父親として・・・

そうなんです!
私、ジムでトレーナーをしています。(たまにね)
っていうか、これが表の顔です。

トレーナーとして運動指導する場合には
メニューはある程度決めているものの、
様子を見ながら変えます。

これはすごく大事なことなんです。
あらかじめ決めたことをそのままするのでなく、
その日の体調や流れの中でやっていくことで、
怪我も予防できるし、効果を上げることができます。

筋トレの場合は、
その日の体調は数字になって出てくるので分かりやすいですが、
ヨガって分かりにくいですよね。

その意味でヨガって本来は1対1のパーソナル向きなのかもしれない、
と思うことがありますね。
実際そういうスタイルでやっているスタジオもあるでしょうし、
実は、Leafgardenでも個人指導、パーソナル指導というのはやっています。
(若干、高くなりますけどね。)

一人一人の体調や、様子を細かく見るのはかなりスキルを要します。
だからこそ、
スタジオで皆で行う場合は、何回も何回も
「無理しないで」とか「自分のペースで」
と言うんです。

本当に無理はダメですよ。

そもそも、ヨガの完成形なんてありませんから。
このポーズができたからすごい、とかじゃないですから。
このポーズができたらゴール!というものでもありません。

気持ち良いところで、
(先に行きたいのを)我慢して、
しっかり呼吸して意識を「今ここに」集中する、ということですね。

繰り返しますが、
ヨガのポーズは絶対に無理しないでくださいね。
人には人それぞれの、その時の可動域というのがありますから。
その範囲内で無理しないように動いてくださいね。

ヨガのポーズ、結構無理っぽいのありますからね。
トレーナー視点で見て、
「このポーズができるのって逆にどう?」っいうやつ。

PAGE TOP
ツールバーへスキップ